熊本 土砂災害に厳重警戒

日本列島に停滞する梅雨前線に向かって南から湿った空気が流れ込み、九州北部を中心に猛烈な雨が降りました。

熊本県甲佐町では0時20分までの1時間に149.5ミリという記録的な豪雨を観測しました。
その他熊本県内では1時間120ミリを超える猛烈な雨が多くの地点で解析されています。

20160621_1040土砂災害警戒

土砂災害危険度 雨がやんでも警戒

九州では、激しい雨の降るおそれはなくなりましたが、これまでの大雨で地盤の緩んでいるところがあります。

河川の増水や氾濫、低地の浸水、土砂崩れなど重大な災害が起こるおそれがありますので厳重に警戒してください。

土砂災害に警戒

きょうは寒気を伴った気圧の谷が東に移動するため、強い雨の範囲は近畿、東海、関東にも広がるでしょう。日中は天気の急変と激しい雷雨、突風、降ひょうなどにご注意ください。

【激しい雨の時間帯】
中国地方…朝にかけて
近畿地方…午前中
東海地方…昼ころ
関東地方…昼過ぎ

(2016年6月21日 11:00更新)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。