あすは広範囲で激しい雷雨

日本列島を横切る梅雨前線に向かって南から湿った空気が流れ込み、また上空には寒気が流れ込んで、全国的に大気の状態が不安定となっています。(岩手県では竜巻とみられる突風が発生し、群馬県では降ひょうを観測しました)

今夜は九州北部に再び発達した雨雲がかかる予想です。局地的に1時間70ミリの非常に激しい雨となるおそれがあり、河川の増水や氾濫、低地の浸水、土砂崩れ等に厳重に警戒してください。
また、あすにかけて寒気を伴った気圧の谷が東に移動するため、強い雨の範囲は近畿、東海、関東にも広がるでしょう。あす日中は天気の急変と激しい雷雨、突風、降ひょうなどにはにくれぐれもご注意ください。

【激しい雷雨に注意】
九州北部…今夜遅く
中国地方…あす未明
近畿地方…あす午前中
東海地方…あす昼ころ
関東地方…あす昼過ぎ

天気の急変にご注意

天気の急変にご注意

(2016年6月20日 18:00更新)


iwamoto_winter

がんちゃんです。

九州など西日本は梅雨末期の大雨シーズンに入り、湿った空気による「湿舌」がのびて危険な雨の降り方が続いています。
全国的に大気の状態が不安定となっています。激しい雷雨にご注意ください。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

“季節を五感で生きる予報士”
カメラで雲や風景などをおさめるのが日課。
春はお花見、夏は登山、秋は紅葉、冬はスノボ三昧!(まれに骨折あり)
研究対象は積乱雲で、気象庁の竜巻突風予測情報検討会の委員を歴任。
どんなに寒くてもコートを着ない薄着志向。