週末も真冬の寒さ 北日本はふぶき警戒

日本付近は周期的に低気圧が通過し、一雨ごとに春が近づく季節。春が待ち遠しいこの頃ですが、上空の寒気はまだ健在で北・東日本中心に週末にかけて真冬の寒さが続きます。週末も暖かくしてお過ごしください。来週の木曜日ごろからは暖かな空気が優勢となり、季節が一歩前進しそうです。

週末の天気のポイント
・真冬の寒さ続く 防寒対策を
・23日(金)夜~24日(土)は北日本で猛吹雪に警戒
・25日(日)は低気圧通過で沖縄・西~東日本は広く雨

■北日本 冬の嵐に注意
今週末も前線を伴った低気圧が北日本を通過し、上空には真冬の寒気が流れ込む見込み。東北・北海道の日本海側は23日夜~24日午前中をピークに暴風雪や吹きだまりによる交通障害にご注意ください。25()になると冬型は次第に解消されるでしょう。 

23日(金)21時の予想降水域

■西・東日本 お出かけは土曜日がおススメ
24()は西から移動性高気圧が進み、太平洋側ほど陽射しが届くでしょう。北陸の雪は次第に止んでくる見込みです。25()は本州南岸を進む低気圧の影響で広い範囲で雨(東日本の山沿いは雪)、西日本は朝から雨で、関東地方も夕方頃から雨雲がかかり始める見込みです。 

25日(日)9時の予想降水域

■沖縄・奄美地方 気温高め 農作物管理に注意
24()は晴れてお出かけ日和になるでしょう。25()は前線や低気圧の通過で雨脚の強まり、落雷に注意が必要です。春の訪れが少しフライング気味で気温が平年より高くなっています。今後の気温の推移、農作物の管理等にご注意ください。

【関連リンク】
雪レーダー凍結マップ道路ライブカメラ

(みやっち)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。