台風18号 稚内北上中 暴風警戒

台風18号は稚内市付近を北上中で、今夜にはオホーツク海で温帯低気圧に変わる見込みですが、中心付近の最大瞬間風速は45m/sで台風並みの強さを維持する見込みです。北海道ではあす朝にかけて暴風や高波に警戒が必要で、不要不急の外出は控えて下さい。
また、台風が過ぎ去った地域でもこれまでの大雨で地盤の緩んでいるところや河川の増水しているところがありますので、引き続き、土砂災害や河川の氾濫、低地の浸水に警戒を続けてください。

「ライフレンジャー」内の鉄道情報 こちら>

台風18号の予想進路

注)予報円は台風の中心が到達すると予想される範囲を示しており、予報した時刻にこの円内に台風の中心が入る確率は70%です。予報円の中心を結んだ線は、台風が進む可能性の高いコースを示します。ただし、必ずしもこの線に沿って進むわけではありません。

きょう明け方には渡島半島の知内町付近、木古内町付近で1時間に100ミリを超える猛烈な雨を解析。10時過ぎには十勝地方の大樹町中部付近、広尾町北部付近、幕別町忠類付近で90ミリの猛烈な雨を解析し、それぞれ記録的短時間大雨情報が発表されました。

気象庁 レーダーナウキャスト

 

山梨県で記録的短時間大雨情報(02時10分)
・富士山西部付近  約100ミリ
北海道で記録的短時間大雨情報(04時00分)
・知内町付近    約100ミリ
北海道で記録的短時間大雨情報(04時10分)
・知内町付近    約120ミリ
・木古内町付近   約100ミリ
北海道で記録的短時間大雨情報(10時10分)
・大樹町中部付近  約90ミリ
・広尾町北部付近  約90ミリ
北海道で記録的短時間大雨情報(10時20分)
・幕別町忠類付近  約90ミリ

※数年に一度程度しか発生しないような短時間の大雨を観測または解析したときに発表。


【防災特集】災害から命を守るために

土砂災害は一瞬で全てを奪う

manga_j04_01

>>続きを読む

浸水・冠水がおこったらどうすればいい?

manga_j04_01

>>続きを読む

 雨風強まる前に家の周りをチェック!!

【関連トピック】




シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。