東北 あすにかけて大雨・土砂災害に警戒

梅雨前線は東北地方まで南下。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、東北地方では大気の状態が非常に不安定になっています。

秋田県と青森県では今朝から断続的に非常に激しい雨が降り、20時には秋田県由利本荘市北部付近で 約100ミリの猛烈な雨を解析し、記録的短時間大雨情報が発表されました。地盤の緩んでいるところがありますので崖や急斜面からは離れるようにして下さい。

梅雨前線はあす23日(日)も東北地方に停滞し、前線上の低気圧が通過する東北地方では雨量がさらに増える見通しです。低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒し、前線付近では落雷や竜巻などの激しい突風に注意して下さい。

■24時間降水量の日最大値(18時40分現在)
・秋田 横手 145.0ミリ
・秋田 雄和 144.5ミリ
・秋田 藤里 142.0ミリ
・青森 温川 141.5ミリ

■23日18時までに予想される24時間雨量
(多い所)
・東北     …180ミリ
・北陸・関東甲信  …100ミリ
※局地的に非常に激しい雨


miyahara_winter

みやっちです。西・東日本も不安定な天気で午後から山沿いを中心に雷雨となっており、熊本県の湯前横谷でも19時過ぎまでの1時間に82ミリの猛烈な雨を観測しています。土砂災害や河川の氾濫、低地の浸水にご注意ください。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。