九州は雨続く 二次災害に警戒

きょう(9日)も西日本は大気の状態が不安定で各地で雷雲が沸き、激しい雷雨に。東大阪市付近で約110ミリの猛烈な雨解析し、16時に記録的短時間大雨情報が発表されました。一方、東・北日本は日差しが強く気温も上昇、群馬県館林市では37.0℃の今季一番の猛暑となりました。

今週の天気

■北海道
週前半は気圧の谷の影響で雨が降りやすいですが、後半は天気は回復し、週末にかけて晴れる見込み。

■東北~関東・北陸
水~木曜日は前線が本州付近を通過する影響で雨になる見込み。その他は概ね晴れて真夏日が続くでしょう。

■東海~九州
10日朝にかけて不安定な天気で、局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降る見込み。今週も九州地方を中心に西日本では雨の降る日が多く、被災地では二次災害に厳重な警戒が必要です。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。

10日(月)18時までの24時間予想雨量
九州北部 150ミリ
近畿   120ミリ
四国   100ミリ
※いずれも多いところ

■沖縄・奄美
太平洋高気圧に覆われて夏空が続くでしょう。日差したっぷり、紫外線たっぷり降り注いでいますのでUV対策は万善に。


ライフレンジャーの避難所マップも無料でお使いいただけます。周囲の方と声を掛け合い、協力してこの難を乗り切って頂くようお願い致します。
※ライフレンジャー無料避難所マップは、Google PlayまたはApp Storeで『ライフレンジャー天気+ナビ』で検索し、DLをお願いします。



miyahara_winter

みやっちです。きょうも厳しい暑さとなり、熱中症になった方が多くいらっしゃいます。喉が渇いていなくてもこまめな水分補給をお願いします。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。