九州北部 続く大雨に厳重警戒

九州北部地方を中心とした大雨は8日(土)にかけても厳重な警戒が必要。九州北部には断続的に活発な雨雲が流れ込んでおり、あす8日(土)にかけても局地的に非常に激しい雨が降るおそれがあります。北九州市の八幡ではけさ6時30分までの3時間に138.5ミリの観測史上最大の雨量を記録。引き続き、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒してください。

九州北部 活発な降水帯(06:00) 出典:高解像度降水ナウキャスト[気象庁]

また、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意してください。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

■8日(土)6時までの24時間予想雨量
九州北部地方   250mm
九州南部     150mm
四国・中国    100mm
※いずれも多いところ

梅雨前線が西日本を中心に北上する見込みで、中国・四国・近畿地方でも不安定な天気となり、雨の降り方に注意が必要です。

7日(金)9時 天気図


 

救助活動、被害確認を本格化=自衛隊、警察、消防7500人体勢-福岡、大分

冠水した道路から、ボートで救助される人たち=6日午前8時16分、福岡県朝倉市(時事通信社)

九州北部地方では線状降水帯による積乱雲が次々と流れ込み、広い範囲で1時間に100ミリを超える猛烈な雨が降り続き、記録的な大雨に。各地で河川の増水や氾濫、土砂災害が発生し、命に関わる甚大な災害となっています。

■総降水量
(5日(水)0時~6日(木)15時まで)

福岡県 朝倉      555.5mm
佐賀県 白石      256.0mm
大分県 日田市三本松  375.0mm
長崎県 壱岐市芦辺   344.0mm
熊本県 南小国赤馬場  285.0mm

自治体の発表する避難情報に注意するとともに周囲の状況をよく確認し、ただちに安全なところに移動し、身の安全を確保して下さい。
ライフレンジャーの避難所マップも無料でお使いいただけます。周囲の方と声を掛け合い、協力してこの難を乗り切って頂くようお願い致します。
※ライフレンジャー無料避難所マップは、Google PlayまたはApp Storeで『ライフレンジャー天気+ナビ』で検索し、DLをお願いします。




シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。