台風接近+前線活発 今週も大雨に警戒

きのう(2日)は西日本と東・北日本の太平洋側で晴れて、西日本中心に気温上昇。大分県の日田で36.0℃を観測するなど全国12地点で猛暑日となり、その他の地点も猛暑日に迫る高温となりました。今週も蒸し暑さが続くため、熱中症に警戒が必要です。

今週の天気

梅雨前線は北陸・東北南部に停滞し、再び前線の活動が活発となります。北陸・東北の日本海側を中心に激しい雨が降り、5日(水)にかけて大雨になるおそれがあります土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、氾濫など厳重に警戒してください。 

また、今週前半は台風の接近で西・東日本も大雨になるおそれがあります。

きのう沖縄の南海上で発生した台風3号は、きょう未明から明け方にかけて先島諸島にかなり接近し、八重山地方と宮古島地方の海上はしけ、3日(月)は強風や高波、激しい雨に注意が必要です。
あす4()の朝には九州に接近し、4日(火)は西日本や東海地方を中心に、5()は西・東日本、東北の広い範囲で大雨になるおそれがあります。

台風3号の予想進路

注)予報円は台風の中心が到達すると予想される範囲を示しており、予報した時刻にこの円内に台風の中心が入る確率は70%です。予報円の中心を結んだ線は、台風が進む可能性の高いコースを示します。ただし、必ずしもこの線に沿って進むわけではありません。


miyahara_winter

みやっちです。あす以降も全国的に蒸し暑さが続き、熱中症警戒レベルのところもあります。屋外はもちろん、室内においてもムリはせず積極的にエアコンを使用し、こまめな水分補給や休息をとるようにして下さい。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。