鹿児島で猛烈な雨 大雨・土砂災害に警戒

活発な前線の影響で、鹿児島県を中心に激しい雨が降リ続き、大雨になっています。鹿児島県と熊本県では地盤が非常に緩んでいるところがありますので土砂災害に警戒して下さい。

鹿児島県薩摩川内市の中甑(なかこしき)では1時間に100ミリを超える猛烈な雨を観測。24時間雨量も300ミリを超えています。

■24時間降水量(23時40分現在)
・鹿児島県 中甑  … 326.7ミリ
・鹿児島県 阿久根 … 246.0ミリ
・鹿児島県 川内  … 235.5ミリ
・鹿児島県 さつま柏原 … 228.5ミリ
・鹿児島県 紫尾山 … 227.5ミリ
・鹿児島県 出水  … 213.0ミリ
・鹿児島県 大口  … 181.0ミリ
・熊本県 人吉   … 177.0ミリ

崖など急な斜面の近くでは土砂崩れが発生するおそれがあります。避難場所への避難が困難な場合は、崖から離れた部屋や2階などに移動するようにしてください。また、河川の急な増水や低い土地の浸水などにも警戒してください。

最新の気象情報を確認し、安全第一で行動するようにしましょう。

異音がしたら要注意

13日(土)午前中にかけて、四国や近畿、東海地方の太平洋側でも非常に激しい雨が降り、大雨になるおそれがあります。

きょう18時までの24時間に予想される雨量(いずれも多いところ)
四国    … 250ミリ
九州北部・九州南部・近畿  … 200ミリ
東海    … 150ミリ
奄美    … 120ミリ
沖縄・関東甲信    … 100ミリ

 

雨の強まる時間帯
九州:~きょう明け方
中国・四国:~きょう明け方
近畿:きょう明け方~昼頃
東海:きょう朝~昼過ぎ


miyahara_winter

みやっちです。いよいよ梅雨入りの季節に入ります。これから大雨による土砂崩れなども心配になりますが、地元の自治体などが土砂崩れの発生しやすい場所として、情報提供しているところも多くあります。得られる情報は積極的に使うようにしましょう。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。