被災地で激しい雨 土砂災害警戒

益城、南阿蘇の観測では、降り出しからの雨量が50mmを超えています。

前線による発達した雨雲がかかり、熊本・大分県内は夕方にかけて1時間50mm/hの非常に激しい雨のおそれがあります。地震により地盤の緩んでいる地域では土砂災害に厳重に警戒してください。また、南阿蘇では風が強まるため警戒して下さい。

危険なエリアには絶対に近づかず、また捜索活動、復旧作業をされる方も雨の降り方には十分ご注意ください。

img03 [21日(木)12時の風の予想 (上空750m付近)] 20160421_12時予想風速

【雨の実況】

4月21日00時から10時までの総降水量(アメダス速報値)
山口県 宇部          54.0ミリ
福岡県 添田町英彦山      56.5ミリ
佐賀県 伊万里         100.5ミリ
大分県 中津市耶馬渓      38.0ミリ
長崎県 新上五島町有川郷    128.0ミリ
熊本県 山鹿市鹿北       30.0ミリ

【雨の予想】

21日の1時間雨量(多い所)
長崎県、熊本県          70ミリ
福岡県              50ミリ
佐賀県、大分県、山口県      40ミリ

21日12時から22日12時までの24時間雨量(多い所)
熊本県                100ミリ
長崎県               80ミリ
山口県、福岡県、佐賀県、大分県   60ミリ

【風の予想】

21日の最大風速(最大瞬間風速)

対馬海峡、九州西海上 20メートル(30メートル)

豊後水道、瀬戸内海  20メートル(30メートル)

陸上         20メートル(35メートル)

(2016/04/21 11:00更新)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。