山陰・近畿北部 大雪に警戒

真冬の寒さが続いていますが、きょう9日(木)からはさらに強い寒気が流れ込み、週末にかけて西日本の日本海側を中心に大雪となり、太平洋側の平野部でも雪の積もるおそれがあります。なお、茨城北部では局地的に発達した雪雲がかかり、10cmを超える大雪となりました。

特に山陰~近畿北部では、今夜~あす10日(金)にかけて雪が強まり、先月の大雪(1/22~1/23)に匹敵する大雪になるおそれがあります。

立ち往生が発生するおそれがありますので、不要不急の外出は控えるようにしてください。

2/10(金)0時の降水予測

20170208_10日0時降水予測

 

【大雪の見通し】
10日(金)18時までの24時間に予想される降雪量は、多い所で、
中国     90センチ
近畿、北陸 60センチ
東海、関東甲信 … 40センチ
四国、九州北部 … 20センチ
九州南部    … 15センチ
11日(土)18時までの24時間に予想される降雪量は、多い所で、
中国、北陸 … 60~80センチ
近畿    … 50~70センチ

(2017/02/09 23:00更新)


miyahara_winter

みやっちです。短時間のうちに積雪が増えるおそれがありますので、雪の降り方に警戒してください。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。