これは知りたい!徹底・蚊の防御策

しっとりうるおったお肌は要注意!?ショック!蚊に刺されやすいのはこんな人!

「O型の人は蚊に刺されやすい」と聞いた事はありませんか?前回の特集でもインタビューさせていただいた白井良和さんの調査でも「O>B>AB>A」のような結果が出たそうです。でも!実はそれだけじゃなかったんです。
蚊は「体温、二酸化炭素、水分」に誘惑(!)されるらしく、つまりこれらが多いほど刺されやすい状態になります。活発に動いて汗をかいた人…夏は特に運動しなくてもこんな条件、すぐに揃ってしまいそうですよね。

スキマ大好き!侵入のプロとストーカー

人間の血液を吸う蚊は、主にアカイエカとヒトスジシマカの2種類。この蚊達は、結構なテクニシャンとでももうしましょうか。
まずはアカイエカ。こちらは侵入のプロでスキマが大好き!網戸などのメをくぐり抜けようとしたり、とにかく家に入りたがるようです。窓やドアの付近をウロウロしていて、隙あらば!と入り込んできます。いわゆる水際対策や、部屋の近くで蚊を発生させない対策が有効ですね。

アカイエカ(イメージ)

akaieka

一方、ヒトスジシマカはストーカーなみにヒトの後を追いかけます。私と一緒に「ただいま〜」とばかり玄関へ。さて、どうする?ドアの鍵を開けたあと、一旦少し離れた場所まで移動し、そこから蚊がついてこれないスピードでダッシュ!…というのは現実的じゃないですので、たとえばウチワであおいで追っ払ってから中に入るなどの工夫が良いかもしれません。

ヒトスジシマカ(イメージ)

hitosujishimaka

「濃いめ」がお好き

最後に、蚊のお好みをもうひとつ。蚊の目は白黒の世界で見えているという説がありますが、実は色を識別できているという説も。黒、赤、青などの服装をしていると刺されやすいんだそうです。逆に、淡い色や明るい色は嫌う傾向にあり、明るめの服装をしていると蚊除け対策になるかもしれないですね。
また、蚊が発生しやすいのは、気温は25〜30度、湿度70%くらいの状態のとき。まさに今。「敵」を知って、できる限りの対策を!

取材協力
有限会社モストップ

害虫防除技術研究所

(2016/8/16 10:10)


toduka_summer

2種類の蚊がいて、さらに全く性質が違うとはとても驚きでした!夏はどうしても汗をかいてしまうので、せめて蚊が発生しやすい条件がそろっている日は、服の色だけでも「赤・黒・青」はさけるようにしよう…と心にきめました。対策をするには、まず敵を知ることが大事ですね!

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

「プリンセス」という称号がマッチする麗しいヴィジュアルと、好きなことはとことん突き詰めてモノにする芯の強さを併せもつ。絵を描くことが好きで腱鞘炎になっても描き続けた経緯あり。中学生の頃、雲に魅せられ空を眺め続けて1時間。毎朝4時起きで猛勉強し気象予報士試験に合格。